安城市高棚町の全身の健康をつくる歯医者さん

〒446-0053 愛知県安城市高棚町中島147 駐車場30台分

診療時間
9:30~13:30 -
15:30~19:00 -

△:午後 14:30~18:00 
休診日:日曜・木曜・祝祭日(祝祭日週は木曜診療)

ご予約・お問合せはこちら

0566-73-4188

当院の親知らず治療

親知らずの治療は、抜歯の痛みに不安を持つ方が多くいらっしゃいます。当院では麻酔を工夫して、痛みを軽減。日本口腔外科学会の認定医による安全性の高い治療を行っています。

ただし、抜く必要がない親知らずもあります。後々歯の移植に使えたり、必要な時もあります。

3種類の麻酔を使い分け、痛くない抜歯を行います

親知らずの治療では「抜歯の痛みが嫌だ」という方も多いでしょう。当院では、そうした患者さまにも安心して治療を受けていただけるよう、痛みのない抜歯手術を行っています。

一般的によく使われる「表面麻酔」「浸潤麻酔」のほかに、高度な技術と専門的な知識が必要な「伝達麻酔」も取り入れることで、より痛みを感じない治療に力を入れています。

3種類の麻酔を使い分けることで、麻酔の注射を打つ段階から、治療中・治療後まで全く痛くない抜歯治療を行っています。

伝達麻酔を併用することで下あごの抜歯でも痛くない

特に下あごの親知らずの抜歯では、麻酔が届きにくく、麻酔を打っても抜歯のときに痛みを感じてしまう場合があります。当院では下あごの抜歯を行なう際に、必要に応じて伝達麻酔を用いることで、患者さまが痛みを感じないようにしています。

伝達麻酔は、口腔外科の高度な技術と専門的な知識が必要となり一般的な歯科医院では行なっていない場合もあります。当院の院長は日本口腔外科の認定医として、親知らずの治療も数多く経験してきたため、このような麻酔法を行うことができるのです。

日本口腔外科学会の認定医による短時間腫れにくい治療

当院の院長は口腔外科学会の認定医の資格を保持し、10年間で1,000症例以上もの親知らずを治療してきました。

豊富な治療経験と知識に基づき親知らずの治療を行うので、短時間で抜歯が終わる・抜歯後も腫れにくいことが特徴です。

さらに、本格的な外科手術に対応した設備を整えているので、ほかの歯科医院では大学病院を紹介されるような難しい症例にも対応しております。

難症例にも対応した万全の体制のもと、短時間かつ腫れにくい親知らず治療を受けていただくことができます。親知らずの抜歯をお考えの方は、お気軽に当院にご相談ください。

PRP療法を取り入れた治療で、傷の治りを早くしています

当院では、手術時の傷の治りを早くするため「PRP療法」を取り入れています。

PRP療法とは、患者さまから採血した血液の中から、骨や歯肉の再生を促す物質を抽出し、抜歯や切開した箇所の治療に使う最先端の治療法です。

組織を再生したり傷を治したりする力を促進させる作用があり、これを治療に使用することで傷の治りを早くし、患者さまの負担を減らします。患者さまご自身の血を使うため、拒絶反応もありません。

親知らず治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

下の親知らずの場合、下顎の中を走る神経と当たっていないか、リスク判定のためにCTを撮らせてもらうことが多いです。(保険適応)

治療計画の説明

歯やあごの骨など、親知らずを抜歯する際の方法やその後の過ごし方、治療計画をご案内します。

親知らずの抜歯

抜歯の必要がない場合もあります

親知らずを抜きます。抜歯の必要がない場合は、適切な処置を行います。

消毒

親知らずを抜いた部分を消毒します

抜糸

傷口を縫合した糸を抜きます。